アイリッシュハープってどんな楽器?
オーケストラなどで演奏されるグランドハープはご存知の方も多いとはお見ますがアイリッシュハープは聞いたことがない方が殆どではないでしょうか?
実はグランドハープとは別に、アイルランドで発展してきたハープの事を アイリッシュハープ といいます。
グランドハープと比べると、小型で、軽量なのが特徴です。レバーが付いており、半音調節が出来るようになっています。
アイリッシュハープは、近年になり、再び注目が集まっています。
アイルランドでは、現在でもパブと呼ばれる酒場に集まり、音楽を演奏する習慣があります。
そんな中でも、ハープの演奏は欠かせません。
アメリカの病院慰問でも、 ハープによる演奏が、最も人気がある と言われています。
静かなハープの音色は、今も人々の心を打ち続けています。
講師一覧⇒
アイリッシュハープ備付けの教室
グランドハープと比べると、小型で、軽量と言っても持ち運ぶのは大変です。
なんと、音楽館ではアイリッシュハープを常設で完備しております。もちろん、レッスンの際は無料で貸し出し致します。
手ぶらでレッスンへお越しくだされば大丈夫です。
料金
月3回/30分レッスン
¥10,000
※別途施設利用費¥926/月が掛かります。
まずは無料体験⇒