コントラバス(ウッドベース)ってどんな楽器?
コントラバス奏者がよく言われること、「なぜバイオリンとかチェロとか、もっと人気のある楽器を弾かないの?」と。
確かに、コントラバスは、メロディを弾くことが少ないです。
ですのであまり楽器に詳しくない方は、バイオリンやチェロの方が良いと思うかもしれません。
でも、コントラバスはとても魅力的で素敵な楽器なんです。
なんといっても、その音の魅力。
コントラバスを演奏すると、コントラバス奏者は、部屋全体が震えるような低音の響きを、楽器から感じることが出来ます。
その響きは、聞き手にも感じられ、アンサンブル全体の音圧を感じられるのは、実はコントラバスのおかげなんです。
バイオリンやビオラのキラキラした、光輝いくような美しい音や、チェロのような、甘く、優しい繊細な音は出せません。
でも、コントラバスには、それらの音を支える迫力ある低音が出せます。
まさに縁の下の力持ち。これは、低音楽器ならではの魅力です。
また、クラシック音楽だけでなく、ポップスやジャズなど幅広い音楽で使われる楽器です。
ジャズを演奏している場面で、コントラバス奏者がボンボンと、弦を弾いている姿を見たことがあると思います。
コントラバスは、色々な場所で活躍できる、オールマイティーな楽器です。
講師一覧⇒
コントラバス備付けの教室
大きくて重いコントラバス。持ち運ぶのは大変です。
名古屋音楽館ではコントラバスを常設で完備しております。もちろん、レッスンの際は無料で貸し出し致します。
手ぶらでレッスンへお越しくだされば大丈夫です。
料金
月2回/60分レッスン
¥10,000
※別途施設利用費¥926/月が掛かります。
まずは無料体験⇒