ピアノってどんな楽器?
ピアノは88の鍵盤があり、7オクターブもの音を出すことができます。
これはオーケストラのあらゆる楽器の音域をカバーする広さです。
高音はピッコロに匹敵し、低音はチューバの最低音よりも低い音が出ます。
一台でオーケストラと対抗でき、まさに楽器の王様といえます。
ピアノには、初級の時代から上級に進むまで飽きることのないレパートリー曲が沢山あって、作品がバラエティに富んでいるところにも、一生の趣味にできる魅力があります。
また簡単に上達できないところが、むしろ一曲が完成した時の達成感が大きいとの理由でも好まれています。
習い事としてのピアノ
ピアノを習えばピアノに必要なスキルが身につくのは言うまでもないですね。
ピアノを習うことで自然と、音感やリズム感が養われ、また楽譜が読めるようになるので他の楽器への転向も容易です。
しかし、ピアノが他の習い事と違うのは、それだけに留まらない万能性があります。
ピアノというのは、両手を並列かつ複雑に使い、楽譜を一時的にも記憶しながら演奏し、さらに次に弾く楽譜を先読みします。
そして特に重要なのは両手を同じように使いますが、その使い方がまったく異なるという点です。
これは他のものにはない非常に高度な行為なんですね。
楽譜を見てメロディーを理解する読解力、楽譜を覚える記憶力、その通りに指を動かす反射神経、演奏に必要な高い集中力が鍛えられます。
また、発表会やコンクールに参加することによって礼儀や作法も身に付きます。
つまり、ピアノをやっていると、音楽のスキルに留まらず、学校の勉強や、マナー、礼儀作法まで身に付く習い事です。
講師一覧⇒
料金

月4回/30分レッスン
¥8,000
月3回/30分レッスン
¥7,000
月2回/30分レッスン
¥5,000

※別途施設利用費¥926/月が掛かります。

まずは無料体験⇒